このサイトでは、個人でやっている着付け教室に通うことについて詳しく紹介しています。
教室に通いたいと思っていても、様々なところがあるのでどこを選んだらいいのか、なかなか決められないという人もいるでしょう。
教室に通うメリットとはなにか、また料金や気軽にできる体験、更には教室に通った人の口コミまで、幅広い情報を掲載していますので、これまで教室に通ってみたいと考えていたけれど、迷っているというときの参考になるでしょう。

個人でやっている着付け教室のメリット

個人でやっている着付け教室のメリット 個人でやっている着付け教室に通うメリットは、自分のペースで学べるということです。
マンツーマンで指導してくれる着付け教室もあるので、初めて着物の着付けをおこなう人にとっては、利用しやすいのがメリットです。
わからないことや不得手な部分もあるでしょう。
グループでレッスンを受けている場合には、講師に質問をしたり、何度も同じ箇所を繰り返しおこなう際には躊躇われますが、マンツーマンならいつでも気軽に質問することができますし、苦手な箇所を何度も繰り返すことができます。
また、レッスン内容が自分に合わないと感じた場合は、講師に相談することで自由に内容を変えることができます。
たとえば、初心者が学ぶ内容と、少しでも経験がある人とでは学ぶ範囲も変わってきます。
教室に通うメリットは、様々なレベルにあわせたレッスン内容を自由に変えることができて、満足がいくまで教えてもらえるということです。

着付け教室ではカリキュラムを修了すると民間資格が取得できる

着付け教室ではカリキュラムを修了すると民間資格が取得できる 自分で着物が着られるようになりたいという理由で着付け教室に通い始める人が多いですが、どうせ通うなら資格も一緒に取得したいですよね。
着付け教室の多くは、カリキュラムを修了すると民間資格が取得できるコースを用意しています。
着付け教室によって取得できる資格も異なるので、どれを選ぶかは目的によって違ってきます。
また、1級から3級など等級に分かれているので、プロを目指すなら高い等級を取得した方が有利でしょう。
取得までにかかる期間は通うペースによっても異なりますが、半年から1年が一般的です。
ゆっくりしたペースならさらに時間がかかります。
花嫁衣裳のような特殊な衣装も含めた技術を身につける場合は、ハイペースで通っても2年ほどかかることもあります。
着付け教室では着付けの技術だけでなく、立ち振る舞いやマナーなどもマスターしなければなりません。
取得できる頃には、大和撫子の所作を身につけることができるでしょう。
費用はそれぞれの着付け教室によって異なりますが、通常10万円以上かかります。
技術力が高まるほどに自前の着物も揃えたくなるので、その他の雑費も計算に入れる必要があります。
予算なども考え、自分に合った教室を選ぶのが良いでしょう。

もっと着付け教室を知りたい

着付け教室

新着情報

◎2021/6/10

まずは無料から基本を体験
の情報を更新しました。

◎2021/1/27

受講を始めることで着物を身近に
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

着付け教室に通うメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/14

着付け教室の体験はお気軽に
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「着付け 個人」
に関連するツイート
Twitter

着付け個人個人のデザインなんだよなぁ。 個性出て面白い。 YouTubeで着付け動画色々観ても、皆さんやはりやり方違うので、色々自分で試すしかないっていう😅 こういう時オタクで良かったと思う(笑)。 研究するの楽しい。

返信先:わーーーーぼんこさん!(無理矢理握手) これ半分は深i夜i食i堂に出てくるパロ妄想なんです。昔の男衆は抱いた後に着付けしてたんやでーみたいなセリフがあって、なんつうエロい設定だって即座に脳がえんほ変換しました。(個人的にこのえんほには組抜け駆け落ちして追われてほしいです…🤤)

ちなみに2枚目の長襦袢が水色なのと、3枚目の帯がどー考えても胸の上ガン乗りしてるのが個人的におもしろポイント。 たまに見る昔の芸者さんの写真もこの位置だけど、AA〜Bカップにしかできない着付けやわ…(それ以上は多分苦しいんでは。晒で潰せばいけるのだろうか?形崩れないのかな)

返信先:着物の販売や勧誘が無いと明記されている教室が良いと思いますよ🍀 個人教室は販売が無いところがあります。○○学院などの大手は着付け道具の購入があるかもしれませんので、申し込みの前に確認されたら良いです😊 良いご縁ががあるとイイですね✨

「みっともない着付けでもいいから安い方を選ぶ」or「高くなってもちゃんとした着付けしてもらいたい」、京都散策にレンタル着物を選択しようとする人、前者が多いと思うんだよな…(個人のイメージです) 「ちゃんとした着付け」を見抜ける人、そもそもレンタル着物選ばないやろ…